英語研究会 入会案内会員用掲示板
学術英語

2015年の活動報告

第1回学術英語学会春のキックオフ大会 「グローバルを生き抜く研究者のための英語」のご案内

終了しました

平成27年5月23日(土)、学術英語学会設立後、初めての大会を開催いたします。第1回大会では、様々な分野の第一線でご活躍されている先生方を講師、パネリストとしてお招きし、グローバルな舞台で研究者として生き抜くために必要な英語の技術とはなにか、どうやって技術を高めていくかというテーマで、意見交換を行います。 開催第1回目を記念して、参加費は全て無料となります。分野を問わず、英語を必要とされている研究者、学生の皆様、どうぞお気軽にご参加ください。

■日時:
平成27年5月23日(土)13:00~17:30
■場所:
東京大学駒場キャンパス18号館ホール
東京都目黒区駒場3-8-1
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html
キャンパスマップ(18号館)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
■交通:
京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐ
■参加費:
無料
※参加は無料ですが、事前予約をお願いします。
■定員:
定員200名に達し次第、締め切らせていただきます。
■懇親会:
プログラム終了後、駒場キャンパス内にて開催いたします(参加費無料)
■プログラム
  1. ・開会挨拶及び概要説明 13:00~13:30
  2. ・第1部 特別講演 13:30~14:40
    1. 「アカデミックライティングの科学: コーパスが拓く新しい可能性」
      講演者: 石川 慎一郎 (神戸大学教授)
  3. ・第2部 パネルディスカッション 14:50~16:20
    1. 「研究者として生き残るための英語力: 英語をめぐる苦労,そして克服への道」
      畠山 昌則 (東京大学大学院教授 微生物学) 松本 涼 (福井県立大学講師 ヨーロッパ中世史)
      山本 裕 (京都大学名誉教授 システム制御理論) 松田 恭幸 (東京大学大学院准教授 物理学)
  4. ・第3部 講演およびワークショップ(同時開催) 16:30~17:30
    1. (1) 講演: 「理工系研究者のための英語」
      講師: 金谷 健一 (岡山大学名誉教授 コンピュータビジョン)
    2. (2) ワークショップ: 「英語論文執筆の落とし穴と安全網」
      講師: トム・ガリー (東京大学大学院教授)
  5. ・懇親会(17:45~)参加費無料!

さらなる詳細はこちら(PDF)
ポスターはこちら(PDF)

ワークショップ

ワークショップ『英語論文の読解から執筆へ』開催のお知らせ

終了しました

英語で論文を書くときに、ぱっと思いついた表現が、実際に論文にふさわしいかどうかわからないことがありませんか?また、辞書や参考書の情報が、自分の専門分野に当てはまらないために、どう応用すればいいか迷うことはありませんか?

どうやって英語論文を書くべきか、という問いに答える解決策のひとつは、実は、英語論文を「読む」ことにあります。すなわち、自分の専門分野や投稿予定のジャーナルの論文を深く読んで、用語の選択から論旨の立て方まで解析して、そこでわかったことを自分の論文に応用することが、よりよい英語論文を書く近道でもあるのです。

このワークショップでは、英語論文を「書く」ことに密接につながる、「読む」というプロセスをまず、講師と一緒に学びます。

今回検討する論文は公衆衛生(public health)に関するものになりますが、学ぶ読解方法はどの専門分野にも使えます。なお、ワークショップの約2週間前に、読む予定の論文を参加者全員に送ります。

■講師:
トム・ガリー (東京大学大学院総合文化研究科教授;学術英語学会会長)
■日時:
平成27年7月26日(日)14:00~16:30
■場所:
東京八重洲ホール3階 301会議室(http://yaesuhall.co.jp/accessmap/
東京都中央区日本橋3丁目4番13番
■交通:
東京駅八重洲中央口より徒歩約3分
銀座線日本橋駅・京橋駅より徒歩約3分
東西線日本橋駅より徒歩約3分
■参加資格:
学術研究に従事されている研究者。大学院生もOK。
■定員:
35名
※現在キャンセル待ちでの受付となっております。
■参加費:
会員3,000円  非会員6,000円
※参加費は事前のお振込みをお願いいたします。ご予約のお客様には、お振込み先口座をご案内いたします。
【講師の略歴】
カリフォルニア州立大学サンタ・バーバラ校卒業(言語学専攻),シカゴ大学大学院修士課程修了(言語学および数学)の後1983年来日。1986年より日英翻訳,辞書編集などを本業とする。2002年より東京大学で教鞭を執り始める。英語教育や初年次教育などに携わっている。著書に『English for Scientists』,『英語のあや』(ともに研究社),共著に『東大英単』(東大出版会),『英語で楽しむ寺田寅彦』(岩波書店),監修に『英語の数量表現辞典』(研究社)など。

【お問合せ先】
一般社団法人学術英語学会事務局
(株式会社クリムゾンインタラクティブ・ジャパン内)
info@j-ser.com